海外投資にもメリットとデメリットがあります。

日本では長い間低金利が続いており、海外投資に目を向ける人が増えてきています。
海外投資と一言で言っても不動産投資や株式投資、債券投資、為替投資等様々です。

また、中国、アメリカ、ドイツ、イギリスとどの国で投資をおこなうかも人によって異なります。
国別で投資について比較してみると、先進国で投資をおこなうなら財政や治安が比較的安定しているので信用リスクは軽減できますし、新興国で投資をおこなうなら急速な経済発展の恩恵を受けることができます。
ただ、海外投資を実践する場合にはこういったメリットだけではなく様々なデメリットも存在します。

例えば、国内で投資をおこなうより手数料が高額になってしまうことです。
金融機関に支払う手数料の他、両替手数料も掛かってくるからです。
また、円高になった際は元本が減少する可能性もありますし、海外の政治、経済情報は国内に比べて正確に得ることが難しいです。
このようなメリットとデメリットを比較しながら海外投資を実践していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です